耳の聞こえを補助|めまいが和らぐ方法|病院ですぐに解決できる

めまいが和らぐ方法|病院ですぐに解決できる

耳の聞こえを補助

ナース

難聴には3つの種類に分けられています。感音声、伝音声、混合性難聴です。感音声難聴とは内耳や内耳以降の神経系の障害であり、雑音が聞き取りづらかったり言葉が聞きづらかったりなど、多人数で会話が難しいと感じる症状がでてきます。伝音声難聴とは外耳や中耳などの機能が低下することで起き、相手が声を大きくしてもらえば聞き取ることは可能で、補聴器などが有効に使用でき手術なども可能な症状です。混合性難聴は感音声と伝音声の両方の機能障害がある場合で、加齢による老人性難聴や急に耳が聞こえなくなる突発性難聴や聴神経などの障害により耳が聞こえなくなる神経性難聴があります。耳の以上に気づいたらすぐに病院で診察してください。

補聴器とは難聴の人の聞こえを補うことが役割となっています。つまり、はいってきた音を大きくして伝えるということです。音を集めて増幅し、そして音を発生させることです。補聴器の種類としては耳あな式と、耳かけ式があります。耳あな式はオーダーメイドで作りますので、耳の穴にフィットします。耳に入れるだけなので装着がとても簡単にできます。またメガネや帽子も一緒に着用可能です。耳かけ式は耳あな式に較べて大きいですので機能がとても豊富であり、小さいものから大きいサイズのものまで揃えられています。また電池のサイズも比較的大きなものを使用していますので、一回の電池交換で長く使うことができます。補聴器はライフスタイルに応じて選ぶことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加