危険信号に気づく事が大切|めまいが和らぐ方法|病院ですぐに解決できる

めまいが和らぐ方法|病院ですぐに解決できる

危険信号に気づく事が大切

カウンセリング

早期に原因を探しましょう

耳鳴りは体の体調不良を知らせるシグナルの役目になる場合があります。原因は脳の病気や聴覚の異常だったり、外傷性の耳鳴りもあります。新宿の耳鼻科では、このような原因がさまざまある耳鳴りの原因究明と治療を力を注いでいます。音は外耳道を経て鼓膜で振動させます。振動させた音は耳小骨を経由して蝸牛神経や前庭神経から脳へ情報を送ります。この蝸牛神経や前庭神経は聴神経と呼ばれ、この部分に不具合が生じると耳鳴りが発症することがあります。聴神経が原因の耳鳴りには腫瘍が疑われます。ほとんどの場合前庭神経に発症し、その大きさや部位によって耳鳴りの程度や顔面の麻痺、脳への障害など、重大な病気が発症するケースもあります。新宿の耳鼻科を早期に受診して原因を突き止めましょう。

治療方針を定めましょう

聴神経にできた腫瘍は良性の場合が多く、転移の心配はほとんどありません。そのため腫瘍の大きさがまだ小さい場合には、経過観察を行う場合もあります。発症部位が脳へ近い場合や他の器官を圧迫するほどの大きさの場合には、手術による摘出が必要になります。聴神経は聴覚を司る器官だけでなく、顔面神経や平衡感覚を司る器官が複雑に絡み合って構成されています。新宿の耳鼻科では、耳専用のレントゲンから画像検査を行います。腫瘍の位置、大きさ、摘出時に負担の掛かる器官はないかなどを検討していきます。摘出中に他の器官に傷を入れぬよう配慮をしますが、発症部位によっては摘出ではなく、放射線治療により腫瘍を小さくしていきます。レーザー治療は完全に腫瘍を取り除くことはできませんが、新宿の耳鼻科では脳外科と提携しながら最善に方法を考えた治療を行ってくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加