はっきり聞き取れます|めまいが和らぐ方法|病院ですぐに解決できる

めまいが和らぐ方法|病院ですぐに解決できる

はっきり聞き取れます

病院

自覚症状はありますか

耳の聞こえにくさは初期症状の場合、自分では気が付かない事例が多くあります。会話をするたびに聞き返したり、後ろから声を掛けると反応できない、電話での対応が難しく会話が成立しないなど、家族や友人から指摘されることが多くなります。そんな時には家族と共に補聴器販売店にて聞こえの悩みを相談しましょう。問診をしてみるとテレビの音量がかなり大きくなっていたり、話しているのはわかってもその内容が把握できないなど、言葉の明瞭感が損なわれている場合がかなりあります。問診後、補聴器販売店では聴力検査を行います。その内容によって補聴器の必要性やメリット、デメリットを紹介してくれます。補聴器の装用を考える際にはどのような場所で使うのか、使用目的を明確にしておくとよいでしょう。

定期的に調整しましょう

言葉は母音と子音の構成で成り立っています。日本語を聞き取るためにはこの母音が重要な役割をしていて、この母音が聞き取りにくくなると言葉の明瞭感が損なわれていきます。補聴器販売店では、聴力検査以外にも言葉の明瞭感を強調させるために音声の強い音には強調した音色に、音声の弱い音には弱めの音色に調整することで言葉を聞き取りやすくしていきます。補聴器を使う人の生活環境によっても調整の仕方が異なります。外出が多い人の場合には、周辺の雑音を少なくして相手との会話音を際立たせたり、室内でテレビをよく見る人にはワイヤレスで電波を拾い、直接テレビの音を補聴器に流す事もできます。使用目的や使用環境は実際に使っていくと変化していくものなので、販売店に定期的にメンテナンスに訪れましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加