めまいが和らぐ方法|病院ですぐに解決できる

耳鼻咽喉科を受診します

頭を押さえる人

治療をしなくても治ります

めまいの中で最も多いとされる病気は、良性発作性頭位めまいです。良性発作性頭位めまいの特徴は、治療をしなくても治ることです。多くの場合、三週間以内には自然に治ります。この病気は、中年以降の女性に多くみられる病気で、頭を強く打った経験がある人や、中耳炎になった人にもみられます。日常生活のちょっとした動作でめまいが起こります。特に起こりやすいのが、ふと頭の位置を変えるようなときです。例えば、立ち上がろうとしたとき、下を向いたとき、しゃがんだとき、寝返りをうったときなどです。良性発作性頭位めまいの原因は明らかになっていませんが、内耳の耳石器にある耳石がはがれ落ちて、三半規管に入ってしまうためではないかと考えられています。

原因はさまざまです

景色がぐるぐる回っているように見えたり、流れているように見えたりするのがめまいですが、めまいによって体のバランスが保てなくなると立ちくらみを起こすことがあるので、注意します。めまいの原因には、内耳の障害によって起こるものがあります。例えば、良性発作性頭位めまいや前庭神経炎です。これは、内耳の障害によって、いつもと違う情報が脳に伝わることで起こります。また、ストレスが原因で内耳に障害が出て起こることもあります。メニエール病がこれに該当します。さらに、小脳出血のように脳の障害によって起こるものもあります。めまいと同時に激しい頭痛や手足の感覚に異常が出る場合には、糖尿病、高血圧、不整脈などの病気である可能性もあります。

病院

はっきり聞き取れます

家族に聞こえの低下を指摘されたら補聴器販売店へ相談してみましょう。聴力検査だけでなく、どのようなときに聞こえにくいのか、生活環境を見直す事もできます。低下した言葉の明瞭感を引き上げるために、補聴器販売店ではさまざまな観点から調整してくれます。

カウンセリング

危険信号に気づく事が大切

聴神経にできる腫瘍によって耳鳴りが生じる場合があります。聴神経は顔面神経や平衡感覚を司る器官が複雑に絡まり合っているため、新宿の耳鼻科では摘出手術だけでなく、放射線治療などさまざまな方法を模索していきます。

ナース

耳の聞こえを補助

耳の聞こえが悪くなる難聴は、感音声難聴と伝音声難聴、混合性難聴の3つの種類に分けることが可能です。補聴器をつけることで難聴を患っていても音の聞こえをよくすることができます。補聴器には耳あな式と耳かけ式がり、それぞれ特徴がありますので、ご自身のスタイルに合わせて選んでください。

このエントリーをはてなブックマークに追加